PROFILE

Satoshi Honda(本田 聡)

1965年10月20日 東京生まれ
1989年 GD FLICKERSにてVICTORよりデビュー、その後 Rittz(東芝EMI)、VERSUS
GITANE(徳間ジャパン)、buGを経て、現在は実兄である本田毅とfringe tritoneに在籍中。
2019年はメジャーデビュー30周年を迎えると共に、GITANE結成20周年記念ライブも行う。
ベーシストでありながら自主レーベル「buG in the HEAD」の代表も務める。

 

 

兄の影響で中学時代よりベースを始める。最初に組んだバンドはギター、ベース、ドラムのトリオ編成だった。
KISSのジーン・シモンズをコピーする事からスタートしたベーシスト人生だが、LedZeppelinのジョン・ポール・ジョーンズのコピーで早速挫折する。
初めて買ったエフェクターはMaxonのBassBooster。こいつを使ってDeepPurpleのロジャー・グローバーになろうとしたが音作りの時点でよくわからずエフェクトリックベーシストの夢はスタートでいきなり頓挫した。

そんな中、ロジャーの後に加入したグレン・ヒューズのファンキーな歌声に大きな衝撃を受け「歌いながら弾けばベースの下手さを誤魔化せるはず」との結論に導かれる。
誤った考えに自信を持ったせいでベースの練習は全くしないまま、好みの音楽だけはドンドンとテクニカルなものに傾倒していった。つまりはプログレッシブロック道である。

ここでYESのクリス・ククワイアと出会うのだが、彼のリッケンバッカーから奏でられるベースサウンドから受けた衝撃は後の自分のプロフィール欄、そしてインタビューでの『影響を受けたベーシストは?』という質問、そのどちらにおいても真っ先に語る定番となった。だが本当に今でも好きなのかは不明、いや好きです(笑)

プログレに傾倒していた自分だったが、当時全盛だったパンクロック〜ニューウエーヴの新しい波に押し込まれ、いつの間にか『プログレなんてダサい』と言うバンド仲間に同調していた。好きだと言えるような雰囲気では無かったのだ。
しかしそれもTHE POLICEとの出会いでプログレだろうがパンクだろうがそんな事はどうでも良くなった。

スティングの音数の少ないベースプレイはとにかくクールだった。「彼らのスタイルであるロックとレゲエの融合に触れたその時、ベースという楽器がリズム楽器である事を初めて知った、穴があったら入りたかった。」と後に此処で語っている。(此処かよ!)

そして今に至る(途中端折り過ぎw)

意外に知られていないが、これまでのバンド活動において多くの曲を作っている。
その楽曲を一言で言うと 『少し変』
今回の30周年ではその少し変なのを・・・と企んでいる。だがまだ内容は未定。

 

座右の銘は『年に一度は内視鏡』。